手汗 病気

MENU

手汗 病気

人間の体には全身に汗腺と呼ばれる汗が出る線があります。

 

そして「汗をかく」というのは、健康を保つために必要な機能です。
体温を適度な温度に調節するため、汗を体から放出しています。
暑いとき、病気で熱が出たとき、運動をしたとき、辛い物を食べたとき、緊張したとき…
汗をかくことはごくごく普通の現象なのです。

 

 

手汗がひどい方は手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)かも

多汗症の部類で、手のひらに異常な量の汗が出る症状を「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と言います。
手汗は「自律神経」が乱れると手汗が出てきます。

 

どんな人でも暑かったり、緊張すれば手汗は
しかし、日常生活に支障をきたしてしまうほど手汗が出るのは困ります。
意識すればするほど手汗は出てきてしまうもの…。
「気にしない方がいい」と言われれば確かにそうなのですが、これでは解決になりません。

 

 

手汗を抑える「手汗専用制汗剤」がおすすめ!!

手汗がひどくなると日常生活の様々なシーンで困ってしまいます。
一見些細な事のように思われがちですが、これがかなりストレスですよね…。

 

自律神経(交感神経)を整えることで手汗は治まりますが、「今」「すぐに」手汗を止めることは出来ません。
手術やボトックス注射でも治療はできますが、多額の費用がかかってしまいます。

 

そこで是非、お勧めしたいのが「手汗専用制汗剤」のファリネです。
使い方が簡単で、手汗が気になった時に一瞬で抑えてくれます。
パウダータイプですが粉っぽさは無く、すべすべサラサラで快適!

 

一度塗ると2~3時間程度の効果が続きます(継続時間は個人差があります)。
そのため一日に数回塗る必要があって少し手間なのですが、使い続けることによって継続時間も上がっていきますので、ぜひ毎日塗る習慣を身につけましょう!

 

ちなみに継続時間が短いというのは、安心安全の天然素材を使用していて肌にやさしいから。何日も効果が続く強い薬ではないので、敏感肌の方も安心して使用できます。

 

手術の前に「ファリネ」をお試しください。

手汗を抑える代表的な手段に手術やボトックス注射があります。しかしこれらは高額な費用がかかってしまいます。
わずかですが、副作用「代償性発汗」のリスクもあります。

 

ファリネは手術やボトックス注射よりも費用が大幅に抑えることが出来ます。
それに「多汗症などによる多量な発汗にも効果的な手汗専用制汗パウダー」なので、手術、ボトックス注射をされる前にぜひファリネをお試しすることをお勧めします。